電脳デンパ送受信誌
いざゆかん、アンテナ立ててネットの海へ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンタジーアース、両手ウォーリアは強い
 地雷と呼ばれ、肩身の狭い思いをしている両手ヲリ達への希望&昨日の記事に説得力をもたせるため、昨日は死ぬ気で戦争に赴いた。

スコア

↑勝ち戦
スコア

↑負け戦
スコア

↑勝ち戦


どの口が両手ヲリが使えないと抜かすか

しかも私はヘビモステイルLv3である、スタンなんて知らない。20レベになればクランブルストームを習得するであろう。

 ここまで活躍できるのはスカウトやソーサラー、一緒に突撃してくれるウォーリアの連携があってこそのもので、確かに蜘蛛弓使われたり遠距離から雷撃たれたりしている前線に一人で突っ込んでしまえば即撃沈だろうが、周りの空気を読んで前進後退を繰り返していけば遠距離職が蔓延している戦場であってもそこそこ安定したダメージソースを味方に提供することが出来る。
 この結果により、ある程度前回の記事のことに説得力を持たせることが出来たかと思う。

 昨日の記事に、1.5列目よりも前に出てくれというコメントがあったが、私が考えるのは「常時敵の射程内に入る必要は無い」ということだ。まったく前に出るなと言っているわけではないことを理解してもらいたい。魔法と弓で打ち合っている中突出した敵や、側面をつけそうな場所で無い限り、こちらの攻撃が当たらず相手に殴られるだけの位置にわざわざ出て行く必要が無い。(タゲ逸らしとダメコン用ならば意味はある)地形が悪ければ蜘蛛弓に禁足をかけられ集中砲火で轟沈なんてことはよくあることだからそれは注意しないといけない。

 それと昨日新たに発見したことが一つある、青い薬(Pw回復力UP)と赤い薬(HP自動回復)は一緒に飲めなかったこと。HPの減り具合と敵の様子を見てどちらを飲んで突撃するか考えるといいだろう。

関連
あれやこれや:ファンタジーアースβテスト、7日目。
ninnki
スポンサーサイト

テーマ:ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 電脳デンパ送受信誌 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。